お問合せはこちらまで
株式会社 本村製作所
福岡県大川市下白垣156-1
TEL 0944-87-3025
FAX 0944-86-5787

メールによるお問合せ

新技術情報

酸化から酒を守る減圧型貯酒タンク<実用新案登録第3144487号>

減圧型貯酒タンク食品の保存について問題になるのが「酸化」です。
お菓子、飲料、・・・etc 様々な食品で酸化の原因となる酸素を除去する「脱酸素」を行っております。
酒造業界に関していえば、「酸化」=「熟成」と考えられているところもあります。
一般的に「熟成」とは「おいしくなる」イメージがありますが、裏を返せば「ひねる」ということにもなります。
新酒、生酒を内溶液の移動を行わず、端桶状態でも品質を出来るだけ保持できるタンク。それが「減圧型貯酒タンク」です。
耐減圧仕様とすることで、減圧脱酸素、火入れ後即密閉冷却可能。
品質向上、ランニングコスト低減を支援します。

特徴

・酒中の酸素濃度が任意に調整できる。
・貯蔵中外気の進入が無く、外界からの微生物汚染もない
・タンクでの火入れ、冷却可能。

使用例

・吟醸酒等の香りや風味を搾りたてのまま保持したい酒の貯蔵。
・「ビン燗」により原酒貯蔵をされている酒造蔵。


このページに出てくる用語 
酸化…対象とする物質が電子を失う化学反応のこと。具体的には、物質に酸素が化合する反応、あるいは、物質が水素を奪われる反応など。⇔還元
減圧…大気圧より圧力が下がった状態。真空ポンプなどで減圧状態を作る。なお減圧下では沸点が下がる。
熟成…貯蔵されている間に進行する酒質の成長や完成への過程。
ひねる…老ねる。過度な熟成により酒が劣化する事。
ビン燗…火入れの作業の手法。酒をビンに詰め、湯せん火入れ。
吟醸酒…精米歩合60%以下に精白した米を使いゆっくり低温で発酵させた、特別に吟味して醸造した酒。

【お問合せは】(株)本村製作所
TEL:0944-87-3025
メールの場合はこちらから

▲ページ先頭へ

design テンプレート